dianaの靴、パンプス、店舗について

ダイアナ(diana)は靴・バッグの専用店する、ダイアナ株式会社が運営しています。東京に本社をおき、銀座に本店を構え、ハイグレードなブランドを展開しています。トレンドを追い求める流行感度の高い女性をターゲットとし、ダイアナを持つことが一つのステータスとされています。商品づくりにこだわりをもち、「第9回製品安全対策優良企業表彰」において優良賞を受賞した実績ももっています。またこの業態には珍しいISOを取得するなど、製造製品の品質の標準化にとりくんでいます。ここでは、dianaの靴、パンプス、店舗についてについて紹介していきたいと思います。

[ad1]

ダイアナの靴は通販でも変え、修理も受け付けてもらえる

dianaの靴はお店だけでなく、通販からも購入することができます。「ダイアナシューズドットコム」という名前で展開中です。

パンプスやローヒール、サンダルからブーツと幅広いレディースアイテムを見ることができます。

さすが高級ブランドの靴だけあり、最低でも10000円代からの靴が中心です。

独特な刺繍をほどこした唯一無二のアイテムであったり、華やかなな目を引くデザインのものであったり。

「ここでしか手に入らないデザイン」というものを追求したい方には、最適なブランドかもしれません。

配送料は一律540円で、支払い方法はカードか後払いか選ぶことができます。

また、返品ですが「セール品以外」で「未使用品」に限り、返品を受け付けてもらえます。

インターネットのダイアナのサイトから、返品の手続きができます。ただ、返品時の送料はこちら持ちですので、購入するときは慎重に。

また、靴の修理はダイアナの各店舗でも、インターネットでも受け付けてもらえます。

ネットの場合は、通販サイトから購入した商品に限定されるので注意してくださいね。

ダイアナの通販情報、返品や修理についての詳細は、ダイアナの公式サイトをチェック!

dianaのパンプスは痛くない、修理もしてもらえる

パンプスを履いているとヒール部分や足が痛くなる方も多いのではないでしょうか。

dianaのパンプスは、ヒールがしっかりしているのとフィット感が高くなるように設計されているので、痛くないと評判。

もちろん、ご自身の足のサイズにしっかり合うものを選ぶことが大前提です。

ダイアナは価格帯こそやや高いものの、その分しっかりしているので痛くなりにくいのです。

あとはカラーバリエーションが豊富なので、実用的でありながら見た目も華やかに演出できます。

[ad2]

ダイアナのパンプスの中古は、メルカリなどで売っていることもありますが、基本的にはオススメできません。

やはりジャストフィットしなければ痛みの原因になりますので、履きならされた中古ですとフィットしにくいもの。

ダイアナの実店舗でもアウトレットなどは行っていません。

あとはすでにパンプスをお持ちの方であれば、修理をしたい方もいつかもしれません。

ヒール交換であれば3000円代で受け付けてもらえます。物がいいだけけに、よほど傷んでしまったという以外は修理をして長く愛用したいものですね。

dianaのパンプスのおすすめや修理の詳細は、diana公式サイトから見ることができます。

dianaの店舗は首都圏を中心に展開している

dianaの店舗は首都圏を中心におよそ103店舗を構えています(グループ会社を含む)。

●北海道で2店舗
●東北・北陸・信越で5店舗
●関東で43店舗
●東海で9店舗
●近畿で19店舗
●中四国で3店舗
●九州で9店舗

以上が、ダイアナの店舗です。やはり東京と大阪に出店が集中しています。ファッションビルに出店していることが多いです。

お近くの地域にdianaがあるのかどうかは、dianaの公式サイトから探すことができますよ♪

[ad3]